市場(いちば)城址

市場城址は標高380mの山頂にある室町時代の山城址です。

1500年代に鱸(鈴木)氏4代が居城としたところだそうです。

旧小原村教育委員会の手により良く整備されており、長篠の戦い以降の
鉄砲普及に対応した改修がされた近世の城郭としての遺構が良く残っております。

小原の誇る「四季桜」の名所のひとつでもあります。

2006年5月12日に立ち寄った折りの様子です。


撮影写真データの閲覧


蚕霊庵TOPへ