「ふるさと小原会」について


平成19年4月1日をもって旧西加茂郡小原村は
豊田市に合併されてしまいました。

かつて小原村からは多くの若者が進学、就職や結婚等に伴って
村外へ転出していますが、それら小原村出身の方達が集って
出身地小原村を偲ぶ会を50年以上の長きにわたって
継続してきたそうです。

豊田市への合併後もこの会を継続、発展させていこうとのことで、
今般、名称も新たに「ふるさと小原会」として新しい体制で
スタートすることになり、その定例会(総会)が
平成20年4月19日(土)に豊田市小原町(旧大草)
和食処「ちとせ」で開催され、
蚕霊庵オナーも新会員として始めて参加しました。

以下、オナーの報告です。



定刻にほぼ全員の集合で記念写真の撮影から「ふるさと小原会」が
小原町の食事処「ちとせ」の大広間で始まりました。

50数年と云われる会の歴史の中で、初の幹事全員が女性ばかり
と云う「ふるさと小原会」の会長山内さんの挨拶からでした。

来賓の山内一生さん、牛田市議の祝辞と続く頃には、
皆さん『ふる里まっただ中』といった様子でした。

お楽しみ懇親会では古里料理として旬の山菜、タラの芽などの
天ぷら、珍味としてへぼの煮付けと真に郷土食
山盛りのご馳走でした。

今回は初参加も10数名と多くそれぞれの
故郷への想いを熱く語られました。

おみやげも小原名物の「とうふ」、「玉子」、「春の草餅」
と盛り沢山でした。

2008年4月19日


   
   
   
   
   
   
   
   
   

蚕霊庵TOPへ